A.3 年神様へのお供え物

 実は鏡餅は三種の神器を模すとされ、丸い餅が八咫鏡(やたのかがみ)、鏡の上に飾るだいだいが八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)。地方によっては串に数個の柿を刺して干したものを横向きに飾ることがありますが、これが天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)を象徴していると言われています。餅は米から作られるもので、五穀豊穣を司る歳徳神への捧げ物、あるいは依り代とも言われています。