車に乗ったまま注文し、そのまま注文の品を受け取る。今や当たり前になった『ドライブ・スルー』。始まりは、マクドナルド江の島店から。日本マクドナルド創業者・藤田田氏はなぜそれを思いついたのか?そしてそこから学ぶビジネスのヒントとは?氏の『金持ちだけが持つ超発想』より紹介しよう。

■歩行者はゼロ。車は14000台。

 

 マクドナルドは世界に7300店ものチェーン店をもっているが、世界の5000店目の店が、日本の江の島店である。

 この江の島店は、(昭和)57年8月の1ヵ月間だけで、9500万円の売り上げを記録した。この年の8月は冷夏で雨の日が多く、海水浴客の足が遠のいた。そういう悪条件下で出した記録である。

 

 銀座4丁目の三越にある銀座店の売り上げが5000万円だから、これは驚異的な売り上げの記録である。この調子でいけば、1店舗で年間売り上げは10億円になってしまう。その金額は従来のレストラン産業では考えられない巨額なものである。

 従来のレストラン産業では、1店舗の月商が、600万円だ、700万円だ、といっているのに、マクドナルド江の島店の月商が9500万円だから、この記録が出たときは、正直なところ、私自身も驚いたほどだ。

 私は江の島店の開店に先立って、まず、車の通行量を調べた。店を出そうとしている場所は江の島駅から約1キロほどはなれているために、歩行者はゼロに近い。

 歩行者相手の商売は絶対に成り立たない場所である。

 肝心の車の通行量のほうは、調べてみると、1日に14000台ていどである。

 歩行者がゼロで、車が14000通るのなら車の客をとるほかに方法はない。

 しかも、車の客を相手にするには、これまでのように車から降りて買うドライブ・イン方式ではたいした儲けは期待できない。

 車で走ってきて、車に乗ったまま注文し、そのまま注文の品を受け取って走って行く。これでなければダメだ、と私は思った。

 私は、さっそく松下通信工業(小蒲秋定社長・当時)とソニー(盛田昭夫会長・当時)にたのんで、テレビ電話で客の注文を受けるシステムを開発してもらった。

 車に乗った客がきて、テレビに向かって、ほしいものを注文する。それを店の中の従業員が受けて、出口で注文の品を包んで待ちかまえ、サッと客に渡すシステムを考え、その開発に乗り出したのだ。

 私はこのシステムを『ドライブ・スルー』と名づけ、江の島店に設置した。

 これが、当たった。

 車に乗ったまま注文すれば、出口で注文の品を渡してもらえるというシステムが、忙しい現代人に受けた。

 それが、月商9500万円の記録をつくったのだ。

 私はこれに力を得て、現在30店にこのシステムを採用している。採用した店は、どこも利用者に大好評で、売り上げを伸ばしている。

 もちろん、来年は、さらにこのシステムを多くの店に広げていくつもりだ。
『ドライブ・スルー』というのは、ドライブして、通り抜けて行く、という意味の英語である。ところが、子供たちの話を聞くと「ドライブする」という日本語だと思っているのだ。自分でも気がつかなかったが、ちゃんと日本語になっているのである。

 子供たちは、運転免許証を持っていないが、面白がって自転車で買いに来ている。

次のページ 時間を節約して儲けろ。