江戸時代に遊郭が設置され繁栄した吉原。その舞台裏を覗きつつ、遊女の実像や当時の大衆文化に迫る連載。

■休日

 1月1日と7月13日、吉原は大門を閉じ、妓楼は一斉休業した。
 逆からいえば、1年のうち、妓楼の奉公人はわずか2日間しか休日がなかったことになる。
 ただし、遊女の場合は公式の休日とは別に、いわゆる生理休暇があった。
 正確な史料はないが、月経になった遊女は3日間ほど、客を取るのを免除されたようだ。なお、月経を、隠語で行水といった。

 当時、「月役7日」といいい、月経になった女は、7日間は性行為をひかえるべきとされていた。
 それに比べると、吉原の遊女はわずか3日間だけの休みで、「復帰」させられていたわけである。

 さて、第8回「階級によって大きな格差……遊女の食事事情」で述べたように、妓楼の食事は質素だったし、食べる場所も違っていた。

 花魁は2階の自室で、新造と禿は一階の広間にみなでそろって食事をした。
ところが、1月1日の、元日だけは別だった。

 
写真を拡大 図1『五節供稚童講釈』(山東京山著、天保4年)

 図1は、元日の、妓楼の一階の食事光景である。遊女がそろって、雑煮を食べている。
 四人の遊女が描かれているが、左のふたりは花魁、右のふたりは新造である。
 花魁の前に置かれた膳と、新造の前の膳は、あきらかに格差がある。
また、膳の上の皿数にも差があるようだ。

 正月の雑煮にも、遊女の階級によって格差があったのがわかろう。
左に立っている、裃姿の男は楼主である。

 社会的に蔑視される職業だったが、元日ばかりは、楼主も晴れ姿だった。

次のページ 紋日