■断糖によってガン細胞を飢餓状態にせよ!

 超高濃度ビタミンC点滴の機序も、これと同じです。血中にビタミンCが大量投入されると、ガンはビタミンCを取りこもうとする。その結果、ビタミンCから発生した過酸化水素がガンを攻撃するのです。ブドウ糖の化学構造は、ビタミンCとよく似ています。だから、ガンはブドウ糖と間違えてビタミンCに飛びつくのではないか、と僕は考えています。

 しかしそこで、血中にブドウ糖が大量に存在していたら、どうなるでしょう?

 ガン細胞は、ブドウ糖でお腹がいっぱいになってしまい、ビタミンCを取りこもうとしないはずです。それでは、ビタミンCがガン細胞を攻撃する力は弱くなり、ガンの増殖を抑えられなくなるでしょう。

 だから、糖質を断つ、「断糖する」ことが重要なのです。断糖して血中のブドウ糖の量を減少させ、ガン細胞を飢餓状態にしておいてこそ、ビタミンC点滴の効果が十分に発揮されるわけです。

 ガン治療には、ビタミンC点滴に加えて、断糖の併用が重要だということがわかっていただけたでしょうか。

『ビタミンC点滴と断糖療法でガンが消える!』より構成)