【SNEAKER JACK DAILY #825】

Reebok
SOCK RUN.R

 

【リーボックの新作スニーカーをもっと見る】

 

'90年代幻のモデルに現代的なデザインを融合し、新生!

 リーボックより、かつて1996年に商品化に至ることがなかった幻のプロトタイプモデル〈Pump EVO(ポンプ イーヴィオー)〉のアウトソールを現代的なデザインによみがえらせた新モデルのリリースが発表された。その名も〈SOCK RUN.R(ソックラン R)〉として現代風に刷新され登場し、早くも話題を集めている。

 

 リーボックのランニングカテゴリーでは、'18年秋冬シーズンより、'90年代のランニングシューズに使われた独自のテクノロジーに現代的デザインを融合させる試みを敢行。その第1弾となる本作は、'17年11月にあのヴェトモンとのコラボモデルが中国で発売され、即日完売で話題になったモデル。スペック面においては、アウトソールに搭載された“スプリット ツーリング”は、4つのパーツから構成され、中足部にスペースを持たせることによって、優れた軽量性と履き心地を確保。また、デザイン面でもサイドから見たときに印象的なフォルムになるような仕上がりとなっている。また、アッパーは快適な履き心地のニット素材で、靴下のようなシルエット。また、ソック部分にはまるで工場から出荷されたサン プルかのような、 “Not For Resale RBK Sample(サンプルにつき転売禁止)” という、ファーストモデル限定の遊び心あるプリントが施されているのもなかなかニクい演出だ。
 かつて'90年代においては、パーツごとに分かれたソールを生み出すという挑戦は画期的なイノベーションとされた。そんな時代を反映した独自のテクノロジーのさらなる再発掘に、ますます期待が高まっている。

 

【BRAND】Reebok/リーボック
【ITEM】SOCK RUN.R/ソックラン R
【PRICE】25,000円+税

 

<商品のお問い合わせ先>
リーボック アディダスグループお客様窓口 ☎︎0570-033-033