2018年の春から新しく生まれ変わるSTREET JACKが掲げるテーマは「18-22歳のリアル」。
そこで今回はその第一弾として、全国の18-22歳を対象とした一斉WEBアンケート、そして東京・原宿での18-22歳限定で行ったストリートスナップでのリサーチ結果をもとに、18-22歳のさまざまな「ファッションのリアル」を徹底検証していきます!
 

「お金を使わない」or「意外と使ってる」
どっちが18-22歳のリアル?

 前回は全国の18-22歳を対象にしたWEBアンケートの結果をもとに、1ヶ月にファッションに使う金額が1万円〜3万円ゾーンの人たちが、なぜ服にお金をそこまでかけないのか、リアルな声をサンプリングしてみた。その理由として、「お金をかけてたくさん買わなくても、ファッションは楽しめる」あるいは「お金をかけなくても、洋服はたくさん買える」という背景があり、全国の18-22歳男子の「3人に2人が1万円以下」しか使わない(第2回参照)という結果も頷ける。
 では逆に、特集第1回でも触れた、原宿で今、服にお金をかける18-22歳が少しずつではあるが確実に増えてきているという現実について、1ヶ月に5万円以上、ファッションにお金をかけている人たちの声を聞いてみたいと思う。自分たちの世代が「1万円もお金をかけない」ことに対してどう思うのか、そして「なぜ、安く服を買える時代に、あえて服にお金をかけるのか?」それぞれの声を聞いてみた。

 

■原宿男子のファッション予算は、全国平均の約4倍!

 ちなみに今回の原宿でのサンプリング調査でも、WEBアンケートと同様に、1ヶ月に趣味に使えるお金と、ファッションに使うお金、その平均金額を聞いてみた。その集計結果は…

【1ヶ月に趣味に使えるお金】
  原宿男子の平均  65,468円(全国平均は約30,000円)
【1ヶ月にファッションに使うお金】
  原宿男子の平均  37,343円(全国平均は約8,000〜10,000円)

 集計方法が若干違うため、単純比較はできないが、全国平均に比べるとかなり高いことがわかる。その中でも、ファッションに使うお金が月平均5万円を超えるゾーンは、原宿でも全体の12%程度にとどまる。
 では、彼らの意見を聞いてみよう。