2018年の春から新しく生まれ変わるSTREET JACKが掲げるテーマは「18-22歳のリアル」。
そこで今回はその第一弾として、全国の18-22歳を対象とした一斉WEBアンケート、そして東京・原宿での18-22歳限定で行ったストリートスナップでのリサーチ結果をもとに、18-22歳のさまざまな「ファッションのリアル」を徹底検証していきます!
 

原宿では服にお金をかける若い世代が増えている。
では、全国的にみたらどうなのか?

 前回の記事では、ここ数年常識的になっている「若いやつが服を買わない」説が本当かどうかについて、原宿に遊びに来ている18-22歳男子のリアルな声をサンプリングしてみた。「ファッションに関心があり、ある程度おしゃれな格好をしている男子」の間でも、「今は高いお金をかけなくてもおしゃれは楽しめる」という認識は常識。しかし同時に、「だからといって、僕らの世代が服を買わないというのは偏見だ」「むしろ服にお金をかける人は(同世代の間では)増えてきていると思う」という反論も多く聞かれた。これは20年以上にわたり原宿で定点観測的にスナップをしているSTREET JACK編集部としても、ここ数年にはなかった新しい動きだ。

 原宿では今、服にお金をかける18-22歳が少しずつではあるが確実に増えてきているようだ。ではもっと範囲を広げ、全国の18-22歳男子全体でいくと、その「ファッションにかける金銭感覚」はどれぐらいなのだろうか?

 
写真を拡大 今回のアンケート回答者の年齢分布図。全国の18-22歳をターゲットに調査。*集計協力:Questant

 今回の企画にあたり、昨年末からSTREET JACK WEBにて18-22歳を対象にWEBアンケートを実施。その中の2つの質問項目、「1ヶ月で趣味に自由に使えるお金は?」「1ヶ月でファッションに使うお金は?」の結果をみてみようと思う。

 まずは「趣味に使うお金」から。その全国平均額はーー?