あの名作ブーツの「中身」って、どうなってるの?
レッド・ウィングとドクターマーチン、ブーツの2大巨頭の名作を、バッサリ切断した断面写真で解析! 多重構造で手の込んだソールや、パーツの組み合わせ、しっかりと施された縫製仕様などが丸見えに!

 

レッド・ウィングを切断してみたら…

履き込むうちに足の形に変化する
革とコルクベッド

靴底と中底の切断面

 靴底と中底の間には、コルクフィラート呼ばれるコルク製のクッション材を入れている。長時間履いても疲れにくく、履き込むうちに中底の革とともに足の形に馴染んでくるのが特徴だ。

 

ソールの張り替えができて
剥がれにくいグッドイヤー製法

グッドイヤー製法(矢印部分がウエルト)

ウエルトと呼ばれる細革(写真を参照)を用いて、頑丈に縫製するグッドイヤーウエルト製法を採用。型崩れを防ぎ、ソールの張り替えを可能にするなどのメリットを獲得している。