■.カープ25年ぶり優勝にあった最大の要因

 昨シーズン、カープは25年ぶりのリーグ優勝を果たしました。そこには「タナキクマル」の平成トリオであり、神ってる鈴木誠也の爆発であり、投手陣で言えば、野村(祐輔)や中崎(翔太)の頑張り……と挙げればきりがありません。特に「表」に関しては、若い選手たちの活躍が目立ちましたが、その若い選手の活躍の「裏」には常に新井貴浩と黒田博樹の存在があったということです。

 もちろん、どっぷりと裏方に回ってチームを支えていたわけではありません。黒田で言えば日米通算200勝を達成した上での10勝、新井に関しては2000本を通過点としながらの3割、101打点。挙げ句の果てには、シーズンのMVPと十分に数字、結果を残しての活躍で、それこそチームを牽引していたくらいです。でも、彼らの本当の存在価値はそこじゃない。若い選手の精神的支柱として、どれだけチームを支えていてくれたかということです。

 

 それなりに強いチーム、組織を形成していく上で重要になってくるのがバランスだと、僕は思っています。特に人間関係のバランスはとても重要で、例えば一つのチームとして考えた場合、全て若手だけではダメだし、中堅だけでも、もちろんベテランだけでもバランスの取れたチームとは言えません。では、理想は? と言われれば、それはピラミッド型。

 会社なんかで社長がいて、部長がいて、係長がいてって下方に広がっていくあのイメージです。なぜ「上」がたくさんいてはいけないのか……そういう会社や組織もあるんでしょうけど、やっぱり役員だらけの会社があったら「下」は気を遣います。派閥なんかができてしまうかもしれません。そもそも派閥というのは、僕は「上」が作るものではなく「下」が「上」の力関係や顔色を窺って作るものだと思っています。ここでの派閥の是非は置いておいても、「上」が作る派閥というのは往々にして対立し、チームや組織に歪みを生み、決していい影響はありません。

 一方で強い組織には数は少ないけれど精神的支柱といわれるようなベテランが存在します。理想を言えば、各部署にひとりずつくらい、下から慕われるような実績を持った人がいるわけです。そういう意味では、優勝した昨年のカープには黒田と新井という両ベテランがいました。

次のページ ベテランがリーダーである必要性はない