札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡…全国6大都市で10〜20代のリアルなファッションをスナップ&個性的な5人のスペシャリストが採点、論評! 毎日のコーデの参考に!
写真を拡大 クリックでバックショットをチェック!
【評者の採点】

今日のコーデは…
85点!!(100点中)

「バリュー感のないバリューコーデ。
 これなら女の子ウケも間違いなし!」

石野 凌くん・東京
(20歳) 東海大学 身長175cm

ユ◯バレ、◯二隠し、なんて言葉が巷で言われるぐらい、バリューブランドはまだまだおしゃれ男子にとってできれば「バレたくない」存在。ましてや女の子とのデートで「これ、全身バリューブランドなんだぜ!」なんて自慢してくる男子に「経済的ね♡」なんてキュンとくるコはかなりの希少タイプだろう。というわけで、彼はまさにそのバリュー感を上手に「隠した」お手本的コーデ。しかも彼がすごいのは、それでいてきちんと「モテそう」「女子からの好感度高そう」な感じにまとめているところ。週末デートなのに財布の中身が…なんていう貧乏男子はすべからく、彼のコーデを真似るべきである!あ、スタンスミスをベルクロにしているあたりも、「いいね!」ならぬ「かわいい!」をもらえるポイントです。清潔でかわいい足元、これも鉄則ですぞ!

ビッグスウェット約3000円/GU
スキニーパンツ約8000円/ザラ
スニーカー約1万円/アディダスのスタンスミス
リュック約2万円/ミステリーランチ

写真を拡大 バリューブランドの上下を格上げしてくれている〈ミステリーランチ〉のバックパック。シャープなシルエットやオールブラックという色のチョイスも、高見せさせている一因。ここも真似すべし!
写真を拡大 ここ1〜2年ほどですっかり市民権を得た、ベルクロタイプのスタンスミス。ぽってり感を出さず、あえてシャープに見える黒を選んだ(リュックと同じ効果)。ボルドーのソックスも洒落感マックス。

※本日のスナップ評者※

SNEAKERPUMP
三度の飯よりスニーカーを愛す男。しかし愛しすぎて履けない、汚したくない、崩したくない!自分で履けないぶん、足元観察がストレス解消法とか。合掌。