東京ディズニーリゾートの楽しみといえば、アトラクションやショーだけだと思っていませんか? しかし、十数年パークに通うディズニーブロガーのみっこさんは、「アトラクションやショーの魅力はもちろんですが、ふとした光景に隠れているこだわりを見つけるとパークで味わえる感動は何倍にもなる」と言います。最新刊『思わず話したくなる究極のディズニー』より、ディズニーランドの玄関ともいえる「ワールドバザール」に隠れた魔法を紹介します。

◆建物が実際よりも大きく見える魔法がかけられている

 

「夢と魔法の王国」への入口である「ワールドバザール」。左右に広がるにぎやかな街並みとその奥に見えるシンデレラ城の姿にワクワク感が高まります。
 ここに並ぶショップやレストランは2階建て、もしくは3階建ての個性的な建物ばかりです。
 しかし、この街並みを眺めてみると、もう少し高さがあるように見えませんか? 実はこれ、ゲストにかけられた「魔法」なのです。
 1階部分は、私達が実生活で利用する建物と同じ高さですが、2階・3階部分は、上に
行くほど縮尺が小さくなっています。
 建物によって差はありますが、例えば、1階部分の高さを「100」とすると、2階部分は「約70」、3階部分は「約50」というようになっています。こうして縮尺を変えることで遠近法を巧みに利用し実際よりも高い建物に見せているのです。こうして開放感を演出し、ゲストの期待を高めているのでしょう。
 普段は気にしない風景のなかにもディズニーの魔法がかけられているのですね。

◆実は「銀行」だったお菓子ショップ

 ワールドバザールにある、ディズニーランド最大のお菓子のショップ「ワールドバザール・コンフェクショナリー」。おみやげの定番である、さまざまな種類のお菓子が揃っています。
 このショップでは、複数のレジ台が横一列に並んでおり、商品を購入するゲストは、空いたレジカウンターでお会計をすることになります。
 ただのお会計のためのレジ……とほとんどのゲストは気に留めないと思いますが、実はここは「元銀行」だった、というストーリーがあるのです。銀行だった場所がお菓子屋さんになったことが、店内の新聞に記されています。