札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡…全国6大都市で10〜20代のリアルなファッションをスナップ&個性的な5人のスペシャリストが採点、論評! 毎日のコーデの参考に!
 

【評者の採点】
今日のコーデは…
71点!!(100点中)

「スタイリングのプロをたまたまキャッチ!
プロらしいクタリ感がいい感じ!!」

松平浩さん・東京
(34歳) スタイリスト 身長170cm

この連載で最年長!? 若者の街・原宿のファッションをチェックしてきたオイラ的には、かなり大人めのコーデに見えるっす。しかも、”ファッションのプロ”スタイリストをされている方ということで、悪いことはいえない……(笑)。『いや、恐れてはいけない!』こちらだって、ファッション誌をつくっている編集者の端くれ。負けてなるものか!!!
ということで、ズバズバいくッス!ひと言。原宿の10代~20代前半のコーデを見てきたオイラ的には、ややジジィくさい印象かもでも。でもそこはプロならではのテクニックでカバーしているッス。
パッと見の印象は色み。アウター、パンツ、小物をすべてダークトーンで統一しているなか、ボルドーをインに挿すことでこなれ感を演出しているのが上手!あとはディテールがしっかりしている。パーカのフードの型を保ち、きれいなシルエットを構築。パーカもやや丈長にして、そこからでてくる足を長く見えるようにしているテクは◎。シルエット、色使いで今っぽさをだしているぞ!!

ロングコート約7万円/ヤエカ
パーカ約2万円/シュプリーム
ジーンズ約3万円/A.P.C.ハット
ハット約1万5000円/オンブニーニョ
スニーカー/アディダススケートボーディング

ヴィンテージ感あふれる絶妙なニュアンスがかっちょいい
ややつば広なのが、ちょいアレンジ

 

※本日のスナップ評者※ 

 
原宿の帝王?・キャナイ
覚えやすい顔と濃いキャラで、原宿のカリスマ読モたちにもおなじみになり、表参道を歩けば、読モたちにあいさつされない日はない、という原宿の主。