札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡…全国6大都市で10〜20代のリアルなファッションをスナップ&個性的な5人のスペシャリストが採点、論評! 毎日のコーデの参考に!
写真を拡大 クリックでバックショットをチェック!

【評者の採点】

今日のコーデは…
81点!!(100点中)

「古着は安けりゃいいってもんじゃないの。
 要は“こなれ感”と“トレンド感”のバランスね」

伊井 涼くん・東京
(21歳) 美容師 身長180cm

私の若い頃で古着って言ったら、リーバイスの大戦モデルがどうだとかデッドストックのアメリカ製バンズがどうだとか…レア度や生産背景、ストーリーに思いを馳せるものだったけれど(予算に上限なんてないわよ!)、今の子の古着ってこう、感覚が違うのよね。古くて安いものの中から、“今っぽい”ものを的確に探していく感じなのよね。
この子もまさにそうで、ノーブランドの古着でも、コートもパンツもシルエットやディテールがすごく今っぽいのよ。コートのラペル(襟)も古いものだとビラッビラに大きかったり、ボタンがやたら派手だったり…。パンツの丈感も野暮ったくならず、子供っぽさもない絶妙なかぶせ具合。お店のセレクトもあるかも知れないけど、イイお買い物をしているわね。その上で、コート×ワイドパンツっていう今年らしい提案ができているのも素晴らしいわ。
あとはインのシャツやバッグの雰囲気がすごくレトロだったり…いい意味でハイブリッドって感じ。
あとは、もうちょっと背筋をしゃんとなさい! せっかくおしゃれなのにもったいないわよ!

古着のコート約1万5000円/不明(セバスチャンで購入)
中に着た古着のジャケット約8000円/不明(セバスチャンで購入)
古着のシャツ約6000円/不明(セバスチャンで購入)
古着のパンツ約8000円/不明
古着のシューズ約1万円/ドクターマーチン
古着のバッグ/不明(セバスチャンで購入)

このボタニカル柄のバッグだけだと浮きがちだけど、シャツやパンツで色や雰囲気を拾っているからアジとして映るのよ。でも、私的にはこのバッグを“使える!”って買えちゃうところが玄人さんだと思うわ。
チャッカブーツのさり気ないボリュームが、ワイドパンツと好バランスよね。マーチンに珍しくステッチまでブラックだから、シックな着こなしにもバッチリはまるわ。

 

※本日のスナップ評者※

アンニュイ村上
ひと月の給料のほとんどをファッションにつぎ込む浪費家。特にブランドに敏感で、クリーンでモード風な着こなしを好む。所作、好みがいちいち女子っぽく、オネエ疑惑もあり。