中国の脅威を過剰にあおるつもりはないし、日本人の過剰のおびえや過剰な中国への嫌悪はむしろ、正しいリスク管理には害にしかならない。

 煽情(せんじょう)的な中国脅威論ではなく、いま手に入る資料と取材からわかる範囲で、冷静で客観的なチャイナリスクの所在とその背景をこれから解説していきたい。

※福島香織著『赤い帝国・中国が滅びる日』発売記念、緊急抜粋連載

 

著者略歴

福島香織(ふくしま・かおり)

1967年、奈良県生まれ。大阪大学文学部卒業後、産経新聞社大阪本社に入社。1998年上海・復旦大学に1年間語学留学。2001年に香港支局長、2002年春より2008年秋まで中国総局特派員として北京に駐在。2009年11月末に退社後、フリー記者として取材、執筆を開始する。テーマは「中国という国の内幕の解剖」。社会、文化、政治、経済など多角的な取材を通じて〝近くて遠い国の大国〟との付き合い方を考える。日経ビジネスオンラインで中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス、月刊「Hanada」誌上で「現代中国残酷物語」を連載している。TBSラジオ「荒川強啓 デイ・キャッチ!」水曜ニュースクリップにレギュラー出演中。著書に『潜入ルポ!中国の女』、『中国「反日デモ」の深層』、『現代中国悪女列伝』、『本当は日本が大好きな中国人』、『権力闘争がわかれば中国がわかる』など。共著も多数。