周囲の声に左右されることなく
結果を出すことを考えることが大事

 一方、今季全試合で三番を打つ丸佳浩は、昨季秋季キャンプから打撃フォームの変更に踏み切った。そして開幕から打点を量産するなど好調をキープしている。そんな丸の打撃について野村氏はこう分析する。

「昨季まで、かかと体重を指摘されていましたが、それが修正できなくなったのは、大きな期待を背負って、打撃時のプレッシャーのなかで自分を制御できなかったことが一番大きかったのではないかと感じています。打撃フォームの変化については、いろいろ試していくべきだと思います。ですが、始動の仕方、タイミングの取り方が変わっているだけで、打つ瞬間はどの打者も一緒です。丸はいろいろ工夫して今の形になっているはず」

 丸は今季、グリップ位置を高くして構え、ヒッチさせてスイングする打撃フォームに大きく変更した。
「良い形で打てれば、それなりの結果がついてくるとということが分かってきました。一方で打てたときと、そうでないときの差がまだまだ激しいと感じています」(丸佳浩)

 開幕から数字を残し、一定の手応えと課題を感じながら、自身の打撃を追求する。

 今後の丸について、野村氏は“周囲の声”に流されない強さを求める。

「長くプレーできている選手は、修正能力があるからこそ大崩れしないですし、崩れても立て直す練習や考え方を持っているから長くやれるわけです。僕が一番心配しているのは、また打てなくなったときに周囲から『フォームを直したほうが良いのでは?』と言われて、それに振り回されてしまうことです。大事なのは己をしっかり知るということです」

 昨季の不調を機に打撃フォームを改良し、今季は好結果を残す丸。野村氏の言う“修正能力”が加われば、丸はさらに他球団から恐れられる打者となるはずだ。

開幕から打線を牽引する丸
次のページ 周囲の声に左右されることなく結果を出すことを考えることが大事