※飲酒は20歳になってから。

「ウンマアァァーイ!!」

この後の麦ジュースの美味さといったら。

『ガーデンスペース』でお金を払い、タンブラーを手渡された時は「冷えてるの? これ」と首をかしげていたが、ひと口のどを通るとその後はもうグビグビ。
ステンレス製魔法びん構造の高い保冷力から、タンブラーの外側は常温にもかかわらず、中のドリンクはキンキン。
この時、「サーモス 真空断熱タンブラー」の解説を拝聴しつつ飲んでいるのだが、お話が進んでもドリンクは一向にぬるくなる気配はない。

 

その実力は、同スペース内にある『サーモデバイス』コーナーにて知ることができる。

上のディスプレイ左上の数字が、現在時間。
その下が、ボックス内のタンブラー、グラスそれぞれに氷水を投入してから経過した時間だ。
そしてその右がそれぞれのドリンクの温度をサーモグラフィーとともに計測した結果となる。
ボックス内の温度は真夏日を想定した温度設定。
その中で1時間と17分も経過しているにもかかわらず、タンブラーの方の温度は、なんと2度をキープ。

真空断熱タンブラー側には氷が残っているのも、見えるだろうか。
また、さらに注目すべきは、グラス側が結露でしとどに濡れているのに対し、一滴の汗もかいていないこと。
長時間屋内で放置していても、デスクの上の書類を心配する必要もないと言う訳だ。

 

編集部のレポートは、以上。

会場では、当日その場で「サーモス 真空断熱タンブラー(JDE-420)」が当たる抽選会も実施している。
もちろん、ソフトドリンクもキンキンに冷えた状態で用意されているので、未成年の方でも安心だ。
本日は17時からの営業だが、土日は12時から行なっているので、六本木ヒルズの展覧会を見に行った時にでも、是非立ち寄ってみて欲しい。

 

THERMOS HEAT GARDEN
日時:6月23日(木)、24日(金)17:00~22:00 6月25日、26日12:00~22:00
場所:六本木ヒルズ 大屋根プラザ(東京都港区六本木6-11-1 ヒルサイド2F)
入場料:無料(ガーデンスペース内ドリンクは有料)