気温がグングン上昇して、いよいよアウトドアシーズンの到来! 本稿で注目したのは豊かな自然が広がる“大分県”。ここにこの夏いきたくなるキャンプ場を見つけたので、紹介したい。

①サファリパークでキャンプ体験!Tee Pee キャンプ場

 

 九州自然動物公園アフリカンサファリ内にある大自然に囲まれたキャンプ場で、毎年ゴールデンウイークと夏休み期間のみ開設しています。動物ゾーンと隣接しており、ライオンなどの動物の鳴き声が聞こえることも!サファリならではのキャンプを楽しむことができます。家族やカップルでTee Peeキャンプ場に泊まり、サファリパークとアウトドアライフを満喫しませんか?

 

②まるで絵本の世界!バルンバルンの森

 

 バルンバルンの森は、1979年生まれの小さな森のレトロなキャンプ場です。廃園寸前だった施設をリノベーションして作られた空間。森の中にはツリーハウスが、宿泊エリアにはTiny houseやテントサイト、ハンモックに揺られ本を読める森の読書室があり、自然の中で心地よく過ごすことができます。

 

➂無人島でキャンプ!高島キャンプ場

 

 大分市佐賀関幸の浦漁港から船で20分、瀬戸内海に浮かぶ無人島の海岸沿いに建てられているキャンプ場。バンガローが5棟あり、7~8月の2か月間だけ入島でき、キャンプ場を営業しています。荒波に浮かぶ自然いっぱいの無人島で、開放感を味わいながらキャンプを満喫するのはいかがでしょうか。

 

④九州最大規模のグランピング COMOREBI

 

 COMOREBIは自然環境の中でキャンプの良さを味わいながら、豪華で快適な時を過ごすことができるグランピング施設。テント、トイレ、食事、更に入浴施設を充実させたこの施設では、優雅なキャンプが楽しめます。料理には大分ならではの豪華食材を使用し、キャンプファイヤーなど、日常では味わえない思い出が作れます。