日本全国に数多ある名字に高校生の時から興味を持ち、研究を始めた高信幸男さん。自身が全国を行脚し出会ってきた珍名とそれにまつわるエピソードを紹介する。

 6月は、ジューンブライドと呼ばれるように結婚式のシーズンである。そのため、この時期は全国各地で華やかに結婚式が行われる。近頃の結婚式は昔と少し風変わりもしているが、共に力を合わせ幸せな家庭を築こうとする夫婦の結婚に対する強い思いは変わらない。そこで、今回は結婚式に関する名字を紹介したい。

 

 「結婚」や「婚姻」という名字は存在しないが、結婚式に関係がありそうな名字では、新妻(にいつま・にいづま)さんや、指輪(さしわ)・門出(かどで・もんで)・寿(ことぶき)・祝(いわい・ほうり)・神主(かみぬし・こうぬし)・神前(かみまえ・こうざき・かんざき)・神酒(みき)・三度(みたび)・盃(さかずき)・両家(りょうけ)等がある。

 また、直接結婚式には関係ないが夫婦岩(めおといわ)さんや妻夫木(つまぶき)さんもいる。

 結婚式には不釣合いかも知れないが、「浮気」という名字も全国に約30軒ある。「浮気」と書いて「うき」と読む。「うき」とは、もともと湿地帯のことで、「ふけた土地」から「ふけ」となり「浮気」の文字を当てた。名字は「うき」と読んでいる。実際に、滋賀県守山市に浮気(ふけ)という地名がある。つまり、「浮気」という名字は地名から生まれたのである。

 「浮気」という名字は鎌倉時代からあった名字で、近江国(現在の滋賀県)を中心に活躍した一族である。ちなみに、電話帳の中から「新妻守夫(にいづま・もりお)」さんと言う名前を見つけた。奥様が喜びそうな名前である。これから新たな門出をするご夫婦の、末永い幸せを祈りたい。