■「足首まわし」で歪みをリセット

 さて、「今日からできる小さくても確実なこと」です。今回は「足首まわし」です。体の歪みに悩む人も多いと思うのですが、上半身の歪みは肩甲骨が、下半身の歪みは骨盤と足首が作っています。この固まっている3点を柔らかくすることが歪みの解消に繋がり、いつもこの3点が柔らかければ歪みません。これまでに紹介してきた「肩甲骨リセット」と「骨盤リセット」に取り組まれてきている人は、かなり肩甲骨と骨盤が柔らかくなり歪みが改善してきているはずです。そこに足首という最後の1つを加えれば完璧です。

 

やり方のコツを紹介します。

①上から見た時に、つま先が針、かかとが鉛筆のコンパスのイメージで、円を描くように大きく回す

②できるだけ足首の角度をつけて回す

③(靴を履いていない時は)指ごとクネクネと回す

 左右の足それぞれ、外回し10回、内回し10回やってください。簡単そうに見えて意外と難しく、特に左足の内回しが難しいです。また足首を回しているつもりでも、実はひざが回っているだけの人も多いです。まずは丁寧にやってみてください。

 

  歪みというのは、歪んだ状態で長く過ごしたからそれが定着して「歪んだ人」になっているだけの話で、こまめにその歪みをリセットしながら過ごせば、歪んだ人にはなりません。問題はそのリセットをどう習慣化していくかですよね。

 新しい習慣を作り継続させるのは難しいことですが、すでにある習慣に抱き合わせることで、大幅に定着率を上げることができます。例えば、お手洗いに行ったら腰回し(骨盤リセット)、着替えの時に背泳ぎ(肩甲骨リセット)、電車を待っている時に足首回し、というように、今の生活に溶け込ませることで習慣となり、無理なく自分を変えられるのです。習慣だけが自分を変えられること、大事なことはみんな地味であることをどうぞ忘れないでください。

 何はともあれ、カサカサした女子は可愛くありません。いくつになっても自分を愛おしむことを忘れず、心も体も瑞々しく潤い続けていましょうね。そして歪みなくスッと1本の軸が通り抜けた、快適な自分もやりましょう。その全ては今からの自分次第です。そして今日も「若々しく美しく」。

 

参考/フジッコ株式会社HP「知る・楽しむ」うれしいお話その2」
https://www.fujicco.co.jp/know_enjoy/health/isoflavone/section3/03.html