今春、『誰かが私をきらいでも』(KKベストセラーズ)を上梓した及川眠子さんと、『違和感のススメ』(毎日新聞出版)を上梓した松尾貴史さん。両名の書籍発売を記念して、4月16日にロフトプラスワンウエストでスペシャルトークセッションが行われた。

 その模様をお届けした第1回の記事では「仕事」をテーマに、「仕事は四重人格でこなす」(松尾さん)や「仕事ジャンルを括られることにウンザリする」(及川さん)など、忌憚ない仕事観を語ってくれた

 第2回のテーマは「SNS」。「著書を執筆する上で、松尾さんのTwitterからもさまざまなヒントを得た」という及川さん。一方、松尾さんは「Twitter上で見掛ける汚いモンは、戦うフリを見せてから即ブロックする」と、自身の対策を講じる。

 

 

及川―――今回の対談は、私が松尾さんのTwitterにシンパシーを感じたことがきっかけで実現したのですが、実は『誰かが私をきらいでも』を出版するきっかけもTwitterだったんですよ。

 

松尾―――そうだったんですか?

 

及川―――担当編集が私のTwitterを読んでいてくれたみたいで、「何とかこれを形にできないか」と連絡を下さったんです。ただ、Twitterの内容をそのまま書いてもつまらないので、「人に嫌われること」というテーマに絞ることにしました。

 タイトルでもある「誰かが私をきらいでも」は、Twitter上のやりとりで痛感したのがきっかけです。Twitterって、とにかく攻撃的な人が一定数いるじゃないですか。たとえば、吉田豪さん(プロインタビュアー&プロ書評家)に対して、ある中学生が「吉田豪、なんでお前は返事をしないんだ」から始まり、「返事がなければ、お前のことを嫌いになるぞ」とリプで脅すんですよ。でも、豪さんは「別に俺、中坊に嫌われても何のデメリットもないですけど」と意に介さなかった。そして、松尾さんにもTwitterで敵意を向ける人がいて、「俺は松尾貴史が嫌いだ。なぜなら間違っているからだ」と。これに対して、松尾さんは「いや、嫌われキャラなのは仕方ないけど、なんで間違ってるのか、それをちゃんと言って欲しいな」と答えていましたよね?

 こうした光景を見掛けて、今回の著書では「嫌われること」について掘り下げようかなと。「嫌われるのは別に怖くないよ」といった内容を綴っています。

 

松尾―――「嫌われること」ねぇ。僕は歪な芸風で、歪な人格で、歪な動きをしているから、嫌われるのは仕方がないと思う部分もあります。ただ「嫌われている具体的な理由を知った上で嫌われたい」という気持ちは強いですね。