まずは自己紹介

 

 はじめまして。茨城県で新米猟師をしているNozomi(のぞみ)と申します。

 本業はヨガのインストラクターです! ヨガのインストラクターなのに猟師!? !? なんじゃそりゃ???と、思われた方もいるかもしれませんね。でも、私は数年前まで東京で営業職に従事していた、ごく普通の女子なんです。

 そんな私が何故、そしてどんな想いで茨城県で猟師をしているのか、この場を借りて少しづつ綴らせて頂こうと思います。私の拙い文章を通して少しでも“狩猟”に興味のある方、すでに“狩猟”に携わっている方、そして何より“いのち”と向き合っている全ての方のお役に立てれば幸いです。

 

 私は、長いものには巻かれるタイプの女子でした。みんなが大学に行くならとりあえず大学に行き、何となく就職活動をして、とりあえず就職。

―何となくやとりあえずの積み重ねで生きていました

 それでも営業職に就き、数字を追いかけるのは楽しかったです。もしかしたらゲーム感覚だったのかも。営業成績はどんどん伸びていきました。だけど、毎朝ギュウギュウの満員電車に乗って、ガムシャラに売り上げをつくって、家に帰って泥のように眠る生活にずっと違和感を感じていました。

 

 朝は7時過ぎに家を出て、家に帰るのは終電近くの日もありました。もちろん、ご飯はパパっとコンビニ食やカップラーメン。身体はいつもだるくて、お休みの日はひたすらダラダラ、

まるで廃人のよう……。

体重もどんどん増えて10キロ近く太りました。

 当時、そんな不規則な生活、コンビニ食ばかりで体調を崩してしまった私を心配して、茨城県で農家を営んでいた祖父母が定期的にお野菜やお米を送ってくれていました。

おばあちゃんが送ってくれた野菜

 

おばあちゃんから届く野菜たち! 瑞々しくて美味しい!

 

―そのお野菜の美味しさと言ったら!(* ゚Д゚*)

じぃばぁのお野菜は本当にうまいなぁ……!

いつか都会を離れて毎日このお野菜を食べたいなぁ!

このお野菜が育った大地を踏みしめて、吹き抜ける風を身体で感じて、太陽と共に生きていけたら素敵だなぁ!

 

私は、自然とそう思うようになっていました。
茨城への移住を決めた日の事を今でも覚えています。祖父のお葬式の日でした。畑や直売所は祖母ひとりでは運営が難しく廃業の危機です。

おじいちゃんとおばあちゃんのお野菜が食べられなくなるなんてイヤだ!

そう、強く思ったのは私だけではありません。

 どうしても畑を守りたい。そう思った私達孫一同は話し合い、皆で少しずつ準備をして、数年後に一緒に畑をやろう! と約束したのです。移住を決めた時、身体中の細胞がひとつひとつ入れ替わるような、澄み渡っていくような感覚でした。何となく物事を決めて流されるように毎日をやり過ごしていた私はもう、どこかへいってしまいました。

次のページ 私には茨城県で生きていけるという自信がありました