■大根が江戸患いの特効薬に

 

〈そもそも、江戸っ子は「だいこん」とは言わない〉

 のっけから「え~!?」と思われかるかもしれませんが、事実です。

 じゃあ何て言ってたのかというと、「だいこ、でぇこ、でーこ(でへこ)」です。

 現代の私たちが「だいこん」と言ってるのを聞いたら、「野暮だ」と笑うか、上方の人間だと思うでしょう。(上方は「だいこん」と言っていた)

 東海道中膝栗毛や他の文献などを見ても一般的には「だいこ」が多かったようですが、大根売りは必ず「だいこ、でーこ」の二声セットで売り声としていました。

〈大根は“ある病”によく効きます〉

 もちろん大根だけの効果で治るわけではありません。

 他にも色々な食べ物の栄養や成分との融合の結果「治る」のです。

 しかし、特に当時のように現在のような医薬品がまだ無い状況においては、その薬効は明らかだったようです。

 ではその「ある病」とはいったい何でしょう?

 答えは「江戸患(わずら)い」です。

 何のこっちゃ? と思うかもしれませんが、「脚気(かっけ)」のことです。

 なぜ大根が脚気に効くのか気になるところですよね。

 それには脚気がどういう病なのか知ったほうがわかりやすいと思いますので、説明したいと思います。

次のページ 「江戸わずらい」の脚気が流行した背景