連日、様々なニュースで世界の注目を集めているイスラーム文化圏。だが、イスラームに対する私たちの見方は本当に正しいのだろうか? 『しょぼい起業で生きていく』(イースト・プレス)を著し、いまYoutuberとしても話題沸騰中の「えらいてんちょう」が、『みんなちがって、みんなダメ』がロングセラー中のイスラム法学者・中田考と語り明かす、奇才同士のイスラーム対談、スタート! まずは、人前で公開プロポーズをしたイランの男女の動画がネットで拡散し、2人がイラン警察に逮捕された事件を取り上げる。イランにおける「自由」とは?

■公開プロポーズの男女が逮捕された!

えらいてんちょう(以下えらてん):3月頭にイランで、人前でプロポーズをした男女がイラン警察に逮捕されたじゃないですか。「普通の感覚」ならいいニュースなのに、なんで逮捕されるんでしょうか。

中田考(以下中田):まずひとつに、プロポーズ以前の問題がありますね。どんな文化、どんな社会にも、ドレスコード(服装規定)があります。

イランでは公の場で着ていい服とダメな服があるんです。女性の場合、たとえば髪を覆わないといけない。でも動画の彼女は覆っていないでしょう。すると、プロポーズ云々とは別に捕まるんです。

えらてん:日本でいう公然わいせつみたいなものですか?

中田:そうそう。おそらくプロポーズよりそっちの方が問題だったんじゃないですか。

えらてん:なるほど。日本だと女性が髪を覆わないといけないのは女性の自由の侵害だと思われますが、裸で外を歩く自由はない。「自由」の定義が違うということですね。

中田:何を自由と感じるかは慣習によって決まりますからね。

次のページ 「コード」は一つだけじゃない