定額課金でモノやサービスを使用できる「サブスクリプション」が最近話題だ。もともとは、コンピューターソフトウェアの利用形態として一般的だったが、近年では飲食店など、様々な形態があらわれている。使い方次第で、我々ビジネスマンの財布を大いに軽くしてくれるサブスクリプション。そのお得度を検証してみた。

①「野郎ラーメン」月額8600円でラーメン1日1杯

 日本の国民食になったラーメン。毎日でも食べたい人のために2017年11月に誕生したのが、野郎ラーメンの「1日1杯野郎ラーメン生活」である。

 野郎ラーメンはフードリヴァンプが首都圏で16店舗展開するラーメンチェーン店。「1日1杯野郎ラーメン生活」は、「常連客へのサービス還元がきっかけで始めた」(同社広報担当)とのことで、月額8600円(税抜)支払えば、豚骨野郎(税込780円)、汁無し野郎(同830円)、味噌野郎(同880円)のどれかが1日1杯食べられる。豚骨野郎であれば、12杯で元が取れる。

豚骨野郎
 

 利用するには、まずスマホアプリ「野郎ラーメンアプリ」(iOS、Android)をダウンロードし、アプリ内にある「1日1杯野郎ラーメン」のパスポートを購入。パスポートをタップし、店舗番号を入れて店員に見せれば利用できる。他のクーポンをはじめ、麺の大盛り無料や野菜増し無料などのサービスすべてを一度の注文で提供するオリジナル会員カード「ブタックカード」の併用が可能だ。

スマホアプリ「野郎ラーメンアプリ」上の「1日1杯野郎ラーメン」パスポート

 ラーメン好きな人にはたまらないサービスだが、対象メニューが3つとは、やや物足りない感がする。

お得度(星の数で表し、最高は★★★★★。以下同じ)

★★★★☆(5分の4)

次のページ 飲み放題のサブスク