私たちが日ごろ神社にお参りしている神さまには、いつも願い事を聞いて助けてくれるやさしくて温和なイメージがあります。つまり、多くの日本人は、無意識的に八百万の神々のすべてが幸福をもたらす「善い神さま」と思い込んでいます。しかし、その実態を知ることで思ってもみなかった真実が浮き上がってくることがあります。(『本当は怖い日本の神様』より紹介します)

■受験の神さま・菅原道真は実は怨霊だった!?

菅原道真が祀られている大宰府天満宮

 受験・学問の神として知られ、親しみ深く頼りになる庶民的な善神の「天神(てんじん)さま」になる前の菅原道真(八四五〜九〇三)は、強力な祟りをなす怨霊でした。崇徳上皇、平将門と並び「日本三大怨霊」と称されているのです。

 平安時代以降、怨霊の怒りを慰撫(いぶ)して祟りを鎮め、平穏な和魂(善神)として祀る御霊信仰が盛んになりますが、その信仰で御霊とされた人物は多くが政治的失脚者です。道真も同様に権力闘争の敗者となった過去を持ちます。

 道真が活躍した平安時代は、藤原氏の全盛時代です。稀代(きたい)の秀才の道真は、学識、政治手腕ともにすぐれていましたから、出世街道をまっしぐらに突っ走ります。そして、醍醐(だいご)天皇の父・宇多(うだ)天皇に重用されて右大臣に昇進し、右大将も兼任して、従二位(じゅにい)まで昇進しました。

 当然、彼の異例の出世は、藤原氏や他の貴族たちの反感と不興を買いました。その結果、後ろ盾の宇多天皇が亡くなると、対立していた切れ者の左大臣の藤原時平(ときひら)の謀略によって、大宰府(だざいふ)(福岡県)に左遷され、子ども四名も各地に配流されてしまいました。

 成功者から一気に政争の敗者となった道真は、憤懣やるかたなく幽閉生活を過ごし、左遷からわずか二年後、延喜(えんぎ)三年(九〇三)に憤死したのです。

道真の場合、それだけで怨霊化したわけではありません。

 道真の死後、間を置かずに人知を超えた前例のない災厄が頻発し、それが冤罪事件の関係者とその周辺だけでなく、広く民衆一般にも及びました。

 そして、こうした災厄の原因が、恨みを持ちながら死んだ道真の霊と結びつけられ、その怨霊がこの世で復讐しているのだと考えられたのです。ここに怨霊としての道真の誕生です。