―なるほど、ご両親があまり型にハメず、自由に育ててくれたんですね。

ゆきぽよ おかあさんはさっき言ったみたいに“ファンキー”。おとうさんはめっちゃふつー。だけど、一回も怒られたことがないかも。

―そんな自由に育ったゆきぽよちゃんの魅力が詰まった写真集とDVD。人生初だったと思いますが、なにか撮影中のエピソードがあれば教えてください。

ゆきぽよ はーい実は結膜炎だったんです。カメラマン泣かせだったんですけど、カラコンを入れると治っちゃって、外すとまた結膜炎が発生しちゃうっていう、よくわからないことになってました。

 
 

―水着が予想以上に小さかったんですけど、本人的にどうでしたか。

ゆきぽよ グラビアっぽかったですよね。最初はグラビアっぽいことはしないっていうことだったんですが、結局“Gal”は露出したほうがかわいくないっ!?って思って、自分からリクエストしました。Tバックにしたり、上は乳首ぐらいしか隠れてなくないっていうやつにしました。

―やってみて、どうでした。

ゆきぽよ 最初はめっちゃ照れましたよ(汗)。ファッションの撮影ばっかりだったから、カメラマンさんの前で水着で立つって、したことねぇしって思って。でも思い切って机の上とかにバァーンでやってみたら、ちょーいけるじゃん、って気分になって。楽しかったです。

―つまんない仕事ってなんですか。

ゆきぽよ つまんない仕事ってないっすね。テレビ出るときも、取材受けるときも、楽しすぎて、お金もらっていいのってなっちゃう。

次のページ 人生初のDVD!撮影中のマル秘エピソード