日本全国に数多ある名字に高校生の時から興味を持ち、研究を始めた高信幸男さん。自身が全国を行脚し出会ってきた珍名とそれにまつわるエピソードを紹介する。

■「苗字必称義務令」が出されたが…

 2月13日は「名字の日」である。1875年(明治8年)のこの日に明治政府から「苗字必称義務令」が出され、国民誰もが名字を名乗ることになった。もともと明治3年に「苗字許可令」が出されたが、あえて名字を届けない国民がいたため義務令となった。

 この政令の背景には、明治政府の富国強兵政策があった。富国強兵のためには徴税と徴兵をする必要があり、国民の把握には戸籍が必要であったが、名字を届けないと戸籍ができないために義務令が出されたと推測される。

 そこで、やむを得ず届けなければならなくなった人達の中には、あえて名字とは思えないような名字を届けた者もいる。たとえば、「住所(じゅうしょ)」や「番地(ばんち)」という名字は、とても名字とは思えない。また、「爆弾(ばくだん)」という名字もあったが、これが名字なのかと疑ってしまう。

 

 日本の名字の中には、どうしてこのような名字が生まれたのかと考えてしまうものは少なくないが、これはまさに当時の役人も先ずは届けてもらうのが先決であったため、どんな名字でも受け付けた可能性がある。しかし、名字は一度届けてしまうと裁判所の許可がないと変更することができないため、今日まで多くの珍しい名字が存在している。

 ところで、「名字・苗字(みょうじ)」という名字は存在していないが、「本名(ほんな)」・「仮名(かりな)」という名字が福島県に、「氏(うじ)」という名字が富山県・北海道に、「名無(ななし)」という名字が兵庫県に存在している。また、北海道には「珍名(ちんな)」という名字が2軒(兄弟)存在しているが、まさに、日本一の「珍名」である。