■「学びが面白い!」というスローガン

 三好教育長は、何をやろうとしているのか。それを訊ねると、彼は福山市教育委員会が2018年4月から掲げているスローガンを示した。

 それは、「学びが面白い!」。

 

「2017年度に、『自ら考え学ぶ授業をつくろう』というテーマを掲げました。そして2つの小学校の1年生を『個』として追いかけてきました。その結果、分かったのは、1年生の終わりから教科書が読めていない、ということでした」

「学びが面白い!」を掲げたきっかけを、三好教育長が説明した。さらに続ける。「足し算も引き算もできるし、ひらがなも読めている。しかし、3行くらいの文章になると、意味がとらえることができない。意味まで分かる子は、全体の3割くらいしかいない、ということがはっきりしました」

 実は、それでもテストで点数はとれてしまうのだ。点数はとれてしまうが、ほんとうに分かっているわけではない。授業では、点数のとり方を教えているにすぎない。点数はとれても、分かっていないのだから、子どもたちが面白いわけがないのだ。三好教育長は続けた。

次のページ 画一化する授業