「家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯)」(金融広報中央委員会・2016年)によると、年収750万円以上1000万円未満でも金融資産ゼロという世帯が15.7%、1000万円以上1200万円未満だと、金融資産ゼロの世帯が20.3%にもなります。そして世代別に見ると、40代の約35%、50代の約29%が金融資産ゼロと回答しています。 なぜ、彼らは高収入でもお金が貯まらないのでしょうか? 新刊『安倍政権は消費税を上げられない』を上梓した、経済ジャーナリストの荻原博子さんはこう語ります。

■40代と50代は高収入でも貯金ができない!?

「2020年以降、日本には厳しい不況が訪れる」

 第2回の記事では、このような話を述べました。消費税が先送りになったとしても、今の生活が決して楽になるわけではありません。

 そうなると、最も大変な世代は今の40代・50代だと考えられます。

 60代以降は、すでにリタイアして年金生活をしている方も多いので、今までの経済常識のまま一生を終えることができるかもしれません。いわゆる“逃げ切り組”ですね。

 いっぽう、20代・30代は、インターネット社会という、これまでとまったく価値観の違う時代に生きています。彼らがあと20年後に社会の中枢に来た時には、いまとはまったく違った社会が出現していることでしょう。

 問題は、その狭間にいる40代と50代です。この世代が社会人になった20年前は、終身雇用が崩れ、年功序列が崩れ、それまでの経済常識が大きく変わった時代でした。

●金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査」[二人以上世帯調査](2016年) 金融資産非保有世帯比率(年間収入別)

階層Ⅰ:収入はない/階層Ⅱ:300万円未満/階層Ⅲ:300~500万円未満/階層Ⅳ:500~750万円未満/階層Ⅴ:750~1000万円未満/階層Ⅵ:1000~1200万円未満/階層Ⅶ:1200万円以上/


「家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯)」(金融広報中央委員会・2016年)によると、年収750万円以上1000万円未満でも金融資産ゼロという世帯が15.7%ですが、1000万円以上1200万円未満だと、なんと金融資産ゼロの世帯が20.3%にもなります。

 しかも世代別に見ると、40代の約35%、50代の約29%が金融資産ゼロと回答しているのです。

 

 なぜ、彼らは高収入でもお金が貯まらないのでしょうか。そこで今回は、40代と50代、この2つの世代の特徴と、これからの生き方について説明したいと思います。