■新しい特養への入所。今度は個室だ。

連載「母への詫び状」第三十四回〉

 
 

 アルツハイマー型認知症の父については、特別養護老人ホームに入所したところ〈特養に行った父。ぼくはあのとき、逃げてしまった。〉まで書いた。自宅から車で45分ほどの、緑の豊かな高台にある特養だった。

 約1年後、動きがあった。自宅から歩いて行ける距離に新しい特養がオープンして、そこへ入所できることになったのである。 

 父にしてみれば、せっかく住み慣れかけた環境から移るデメリットもあるとは言え、歩いて通える場所というだけで、これほどありがたいことはない。母とも相談して引っ越しを決めた。

 下見したところ、新しい特養はさすがにきれいだった。父がそれまで暮らしていたのは古い建物の4人部屋だったが、こちらは新築で全室個室。汚れひとつない淡いアイボリーの壁が、清潔さと同時に、殺風景さも感じさせた。

「この部屋の壁には、写真やポスターのようなものを貼ってもいいんですか?」

 案内してくれた施設の職員に尋ねると、

「釘や画鋲などを打つのは困るのですが、テープで止めていただくタイプのものでしたら、どうぞご自由に貼ってください」

 との返答だった。

 これも相部屋と個室の大きな違いだろう。相部屋は壁を自由に飾り付けることはできないが、個室なら家族の写真や、父の好きな山の絵などを壁一面に貼り巡らせても文句を言われない。いつも目に入るところに家族の写真があれば、認知症の進行を遅らせる効果もあるのではないかという想いもあった。

 抗がん剤の化学療法で入院を繰り返していた母も、ちょうど退院して家で暮らすようになっていた時期だったから、母と一緒に、父の新しい部屋の壁に貼る写真選びをすることにした。アルバムからいい写真を選び、それを拡大コピーして使いたい。

次のページ 父と母の思い出のツーショット