お酒好き、日本酒好きなら誰もが知りたい!地元の酒を熟知した唎き酒師がエリアごとにうまい酒を厳選!有名な銘柄からリーズナブルなものまで、各県の特徴とともに今飲むべき日本酒を『一個人』2月号よりご紹介!

■味の違いは海の違い

 徳島県、香川県、愛媛県、高知県からなる四国地方では、仁淀川、 四万十川、吉野川などの伏流水を使った酒造りが行なわれている。全体的な傾向として地元産の酒米を使用することに対するこだわりが強く、地元で栽培した山田錦や、四国特有の「オオセト」などの酒米が使われることが多い。 
 
 味わいのバリエーションは甘口、淡麗辛口、甘辛中庸、たおやか系、 キリッと系など多彩。 また、瀬戸内側の香川、徳島、 愛媛などは口当たりの優しい甘口が好まれている。ちなみに、神話の中で日本酒発 祥の地と呼ばれている中国地方の島根県は濃醇甘口が主流だが、一般的に日本海側はスッキリ、瀬戸内海側は濃厚でコクのある酒と、 タイプが異なるのが特徴だ 。