お酒好き、日本酒好きなら誰もが知りたい!地元の酒を熟知した唎き酒師がエリアごとにうまい酒を厳選!有名な銘柄からリーズナブルなものまで、各県の特徴とともに今飲むべき日本酒を『一個人』2月号よりご紹介!

■個性派の日本酒造りが盛んなエリア

 良質な米作りで知られる新潟県を中心に、山深い長野県と盆地地形でもある山梨県。それぞれ地域性を持つ個性派の日本酒造りが盛んなエリアだ。 水が豊かな新潟県では、きめ細やかな味わいで、どんな料理とも合わせやすい繊細さがある。全国的に有名な銘柄も多い。

 日本酒といえば「新潟が旨い」 というブランドイメージもしっかり健在だ。また、伝統的な造りにもこだわる『〆張鶴』『君の井』のほか、品評会で評価の高い佐渡の『北雪』など、通好みの酒が揃う。

 長野県は、日本アルプスを抱える起伏の大きなエリアで、山からの名水と酒造りの好適米「美山錦」などを使った濃醇な日本酒が多い。『真澄』『大信州』 『七笑』などは、味わいや風味のスタイルが異なるものの、いずれも飲み飽きない旨さで親しまれている。地元の名産の蕎麦と合わせて、粋に楽しむのも いいだろう。